死の雲と幸福感

私は生と死の間で生きている

身体的には産まれた瞬間から何度も危ない状態があったし

精神的には物心ついた時からずっと死を感じながら生きている

何をする時でも視界の上層に”死の雲”が漂っている

どんな時でも「いつか死ぬんだ」と”死の影”が離れない

私の一挙手一投足、思考の核から末端に至るまで

死が纏わりついている

 

全てには終焉がくるわけだが

「だからこそ今を大事に精一杯生きよう」と考えるか

「だったら何をやっても無駄だ」と考えるか

私は後者がベースにあるけれど前者になろうとしているができない

といった感じだ

どれだけ何かを積み重ねても死んだ瞬間何もかもなくなってしまうんだという根強い絶望がある

死など考えずに今したいことをしていたい

死ぬ前にできるだけたくさん幸せを味わいたい

そうやって生きることに集中できたらどれだけいいかと羨ましいし

人間としてはそちらが正解なのだろうと思い込んでいるところもある

 

「当たり前だと思うな」

大人達からよく聞く言葉

私は何かが当たり前だと思ったことはない

生と死の間で生きている私にとっては

そう言う人自身はどんな経験をしたのか?というところに関心がある

そもそも死を意識したことがない人の方が少ないわけで

今のどの要素も永遠に続くとは思っていないだろう

いつか目の前の景色がなくなることがわかっている人間に対して「当たり前だと思うな」と言うのは

死や終焉が今すぐ来るのだと思いなさいということなのだろうか?

 

 

同様に

「ポジティブに考えなさい」

これもよく聞く言葉

ポジティブだろうがネガティブだろうが

結果として死ぬのだから過程である生をどうしたとて何の意味があるのか?

死後にいいことが待っているだなんて思えないし

生まれ変わり、転生、未来世なんて現実逃避の夢物語

後世のため、歴史に名を遺すためなんて

自分の目で見られないような成果を期待することが人生のエネルギーとなるのか?

それは単なる生に対しての執着や自分の遺伝子を残す欲のようなものではないのか?

積極的に子孫の役に立とうとしないのは人間失格なのか?

それとも、死が過程となり生が結果となり得るのか?

それならば死んでいる間にアクションや動きがあることにあるが

そうなると自分ではどうしようもない

 

”今この瞬間に集中する”

”悔いがないほど精一杯楽しむ”

”全部受け入れる”

”全てに感謝する”

どうしたらそんな純粋無垢な思考になれるのか?

100%そう考えられなくとも80%そう考えられたらかなり幸福度が上がる気はするが

脳内の死にまつわる全てを消去し上書きすることなどできない

 

何でも前向きに考えることがポジティブではないし

ネガティブだからといって何でも悪い方に考えるわけでもない

そこには「どうせ死ぬのだから」という前提や結果をどう捉えているかが大きく関わっていると思う

 

 

死を知りながら生を輝かせる人間の幸せとは一体なにか……

 

 

 

↓ ポチっと応援お願いします♡

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村